検定の基礎(統計検定量Tの求め方)

(1)母集団の平均(μ0)とサンプルの平均(m)が等しいかどうかを判断

μ0=m
母集団の標本分散をσ
(母集団の分散が分からない場合は、サンプル数がある程度ある場合はサンプルの不偏分散を代用することもできる 
 対立仮説として
μ0<m;;片側検定
μ0≠m;両側検定
μ0>m片側検定
 


(2)2つのグループの平均()に差があるがどうかを判断する場合(各データの不偏分散を使う)


仮説は各グループの平均が等しい
それぞれの不偏分散とそれぞれのデータの個数を利用する.
 対立仮説として
片側検定
;両側検定
;片側検定
 


(3)2つのグループのそれぞのデータをペアと考え、それぞれの差を求め、その平均から、2つのグループの平均に差があるかどうかを判断する場合(Paired)(差の不偏分散を使う)


2つのグループのそれぞれの値の差を求め、その差の平均と不偏分散を使う
 対立仮説として
;片側検定
:両側検定
:片側検定
 


Topへ 不確実性って 統計的活動事例 数値で
まとめる
グラフで
まとめる
;